コラム

雨漏り調査の費用はいくら?調査方法や業者の選び方も解説!

今回は雨漏り調査の費用や方法について詳しく解説いたします。さらに、火災保険の活用や信頼できる修理業者を選ぶ方法についても紹介します。

突然の雨漏りに悩んでいる方、費用が不安な方はぜひご一読ください。

雨漏りが発生する理由

経年劣化

雨漏りの発生要因として最も多いのが経年劣化です。建物の外側にある建材は、日々の紫外線や風雨によって劣化していきます。劣化がひどくなると建材に隙間が生じ、そこから雨水が侵入しやすくなります。

劣化を防ぐために外壁塗装も行われますが、その寿命は平均で10年程度です。塗装が劣化すると、建材を守る力が低下し、建物自体にもダメージが蓄積されます。また、雨漏りを防ぐために設置されている防水シートも経年劣化し、約15年〜20年で不具合が生じます。適切なタイミングで防水シートの取り替えが必要です。

施工不良

家を新築した際や大規模なリフォームした際に、悪徳な業者に依頼してしまうと施工不良で雨漏りしてしまうことがあります。

屋根や外壁の性能を発揮するためには、メーカーにより規定された施工方法がありますが、悪徳業者はこれを無視して手抜き工事を行うことがあります。施工方法を変更して工程を短縮したり、必要な処理や材料を省略したりすることがあるのです。また、知識が乏しい業者は間違った施工をしてしまうこともあります。

新築やリフォームした直後に雨漏りが起きた場合は、施工不良の可能性があるので施工会社に連絡しましょう。

自然災害

自然災害のなかでも、特に台風や地震は雨漏りの発生要因となることが多いです。

例えば台風による強風は、屋根材の接合部を弱め、屋根材が飛んだりずれたりして雨漏りを引き起こす可能性があります。さらに、コロニアルや瓦などの重い屋根材が風で飛ばされて壁や屋根に直撃し、ひびが入ることで雨漏りに繋がることもあります。通行人に当たりでもしたら最悪死に繋がる恐れもあります。

また、地震によって壁や屋根にひびが入ったり、瓦がずれたりすることで雨漏りが発生することもあります。自然災害後には、建物の状態を確認し、必要に応じて修復や補強を行うことが重要です。

雨漏り調査の方法と費用相場

目視調査

目視調査は、建物の外観や内部の実際に漏水が疑われる箇所を目で確認する方法です。調査時間は30分から半日ほどであり、他の方法よりも短時間で結果を得られます。目視調査は無料で行っている業者もあります。

ただし、屋上などの安全を確保するために足場を組む必要があるとその分費用が高くなる場合や、目視調査だけでは見えない場所や細かい雨漏りの原因が特定できない可能性もあります。

散水調査

散水調査では、疑わしい箇所に水をかけて雨の状態を再現し、漏水箇所を特定します。費用相場は5万〜35万円ほどです。目視調査よりも確実に原因を特定することができますが、雨を再現するためにはかなりの時間がかかり、点検自体も半日から2日ほどかかります。

発光液調査

発光塗料を含む特殊な検査液を使用する方法です。これを漏水が疑われる箇所に流し、その後、特殊な機器で光を当てることで、発光した箇所から漏水の場所を特定します。費用相場は5万〜35万円ほどです。

この方法なら暗い室内でも原因を見つけることができますし、建物の構造や工法に関係なく利用できます。複数箇所の同時調査も可能なので効率的です。ただし、費用が他の方法よりも高めになる傾向があります。

赤外線サーモグラフィー

赤外線サーモグラフィーを使って調査する方法です。費用相場は10〜50万円ほどです。雨漏り箇所は水が露出しているため、周囲よりも温度が低くなります。この温度差をサーモグラフィーで捉え、漏水箇所を特定します。

ドローン撮影調査

ドローンを使って建物の外観を撮影し、雨漏りの状況を確認する方法です。足場の組まれていない箇所の確認も簡単に行うことができます。費用相場は5千円〜3万円程度と費用を抑えながら効率的に調査できますが、あくまで屋外の景色を写真上で確認することしかできないというデメリットがあります。

雨漏り調査に火災保険は使える?

火災保険は、火災だけでなく自然災害による被害も補償してくれます。保険の種類や条件によって異なりますが、基本的には地震以外の自然災害による雨漏り被害もカバーできます。特に台風や強風、大雨、ひょうなどの自然災害による被害は火災保険で補償されます。

ただし、自然災害が原因となる場合に限り適用されるので全ての雨漏りが火災保険の対象となるわけではないので注意が必要です。特に雨漏りの原因が経年劣化や施工不良の場合は火災保険を使うことができません。

雨漏り修理業者の選び方

実績が豊富

雨漏りの原因特定や修理には専門的な知識と技術が必要です。そのため、HPなどで実績豊富な業者を選ぶことをおすすめします。実際の修理事例や対応履歴を公開しているということは、自身の施工に自信があるということです。また、長く雨漏り修理を行っている業者は、自然と口コミも多く集まります。

アフターフォローがある

どんなに技術力のある業者でも、雨漏りが再発する確率が0になることはありません。そのため、修理後の万が一の際のためのアフターフォローがある業者を選ぶことをおすすめします。特にアフターフォローがある業者のなかでも、迅速かつ丁寧に対応してくれる業者を選ぶとよいでしょう。

相談時の対応がいい

雨漏りの修理には専門的な知識と技術が必要ですが、業者が信頼できるのかを見極めるのは簡単ではありません。そこでおすすめなのが不安なことは相談してみて、その対応の丁寧さで見極めるということです。少しでも不安なことは質問してみて、きちんと答えてくれるのであれば知識や経験が豊富で、施工も丁寧である可能性が高いです。

雨漏り調査のご相談はけんおうリノベーション近畿店まで!

雨漏りの修理では早急な対応が必要です。しかし調査や修理にかかる費用は決して安くはないでしょう。だからこそ、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

そんな時に是非ご検討いただきたいのが、けんおうリノベーションです。

けんおうリノベーションは雨漏り修理に関する豊富な実績があり、さらに万が一再発した場合に備えて最低1年間の保証を設けています。保証期間内に再発してしまった場合は、無料で修理させて頂きます。

雨漏りにお悩みの方はぜひけんおうリノベーションまでお気軽にご相談ください。

コラム一覧へ

電話受付時間:9時~21時
(営業時間:10時~18時)

050-8885-5704

お問い合わせフォームからのご連絡は
24時間受付中です!

お問い合わせ