コラム

雨漏りで危険なのは二次被害!見つけたら早急に修理を

少しの雨漏りだからと放置していませんか?修理せずにそのままにしておくと、被害がどんどん拡大してしまうのが雨漏りの怖いところ。特に注意すべきは雨漏りの二次被害です。最悪の場合、家が倒壊してしまうこともあります。

 

今回はそんな雨漏りの二次被害について詳しくご紹介します。

雨漏りの二次被害とは

柱や基礎の腐食

雨漏りの被害として多いのが木材の腐食です。侵入した雨水は日光が届きにくい家の内側に入り込んでしまうことが多く、木材を湿らせ続けます。すると、木材腐朽菌という木材を腐らせてしまう菌が繁殖して、木材の腐食がすすむのです。

 

また、鉄筋コンクリートも油断は禁物です。雨漏りによって侵入した水分がサビを発生させ、強度を低下させてしまうからです。

 

木材や鉄筋の腐食によって柱や基礎の強度が低下すると、家の存続に関わるレベルまで被害が及ぶこともあります。天井が抜け落ちたり、家が傾いたり、倒壊したりする恐れもあるのです。家の資産価値が著しく低下するだけでなく、住んでいる方の命に関わる問題に発展することもあります。

害虫や害獣の発生

雨漏りによって湿気が増えると、害虫や害獣が発生しやすくなります。特にシロアリやダニ、ネズミには要注意です。

シロアリ

雨漏りによって湿った木材はシロアリの大好物です。しかも、人が住んでいる家のような、温かく湿った空間はシロアリにとって住み心地が最高。柱や基礎を食いつくして、家の耐久性を著しく低下させてしまうこともあります。

また、雨漏りの工事費用に追加して、数十万円ほどのシロアリ駆除費やシロアリが食べた木材の修復費がかかることとなります。防蟻処理をしていない古い家は特に要注意です。

ダニ

雨漏りによって湿気が増えると、ダニも繁殖しやすくなります。刺されると非常にかゆく、さらに病原菌や感染症を持っているため健康面にも被害がでることがあります。特にダニによってアレルギーが引き起こされることがあります。小さなお子様がいらっしゃる家庭や、ペットを飼われている家庭は特に要注意です。

ネズミ

ネズミも雨漏りによって家に繁殖しやすくなります。糞の臭いや、寄生虫やダルモネラ菌など、衛生状態に悪影響を及ぼします。さらに断熱材で巣を作ることもあります。繁殖してしまう前に、早めに駆除することが必要です。

 

カビ

カビは見えないところで増えることも多いです。クロスを剥がしてみると、裏にびっしりカビが生えていたなんてこともあるそう。特に雨漏りによって湿度が高い状態が続くとカビが繁殖しやすくなります。

 

また、要注意なのがカビによって引き起こされる健康被害です。アトピーや喘息、頭痛、呼吸困難、アレルギー感染症等になってしまうケースもあります。小さなお子様やペットがいらっしゃるご家庭は、特に注意する必要があります。

クロスの剥がれやシミ

天井や壁のクロスが雨漏りによって塗れると、次第に剥がれてくることがあります。内装の見た目も悪くなりますし、修復にも費用がかかります。被害が広まる前に雨漏りを修理することが大切です。

漏電による火災

電気系統は水濡れに弱いため、雨漏りによって漏電の二次被害が引き起こされることがあります。普段はケーブルやコンセントは絶縁体で安全に覆われていますが、そこに雨水が侵入すると電気が漏れる、漏電が発生します。

 

漏電は、家電が故障したり、ブレーカーが落ちたりなどの被害だけでなく、漏電箇所に触れてしまって感電したり、漏電時の火花がホコリに引火して火災になってしまったりするケースもあります。命に関わる問題ですので、早急に修理する必要があります。

家財の水濡れ

雨漏りが起きると、当然家財が濡れてしまうことも考えられます。賃貸住宅で雨漏りが起きて、家財道具37万円分の弁償を大家に求めたケースもあります。当然、一般住宅でも家財道具が濡れてしまう恐れは考えられますので、被害を最小限にするために雨漏りを早急に修理したり、家財道具を濡れないところに移動したりすることが必要です。

二次被害を防ぐために雨漏りを見つけたらすべきこと

早急に業者に連絡する

雨漏りを見つけたら、早急に業者に修理してもらうのが鉄則です。「晴れているから大丈夫」、「少しの雨漏りなら大丈夫」といった油断が、今回ご紹介したような二次被害に繋がることもあります。また、雨漏りを放置していると、被害が拡大し修理費用もかさむことになります。家の耐久性、資産価値、住民の健康を守るためにも、早めの修理の依頼が大切です。

応急処置をする

修理業者が到着するまでの被害を最小限に抑えるため、応急処置を行うことをおすすめします。バケツやビニールシート、雑巾などを設置して水を受け止めましょう。また、雨水の侵入箇所がわかっている場合は防水テープを活用するのもおすすめです。ネットやホームセンターなどで手に入れることができます。

DIYで直そうとしない

ヒビを全て修復しようとしたり、DIYで雨漏りを修理したりするのはNGです。むやみに補修材を使って雨水の流れを変えてしまうと、かえって雨漏りが悪化することもあります。また、雨漏り修理は専門的な業者でも難しい作業です。ご自身で修理するとかえって悪化したり、修理費用がかさんでしまったりすることもあります。応急処置の範囲にとどめて本格的な修理は業者に任せましょう。

信頼できる雨漏り業者の選び方

依頼したらすぐに対応してくれる

雨漏りの二次被害を防ぐためには、早急な修理が必要です。そのため、できるかぎり早めに修理に来てくれる業者を選ぶことをおすすめします。特に拠点が多い業者なら、すぐに修理に来てくれる可能性が高いのでおすすめです。

保証期間と内容をチェック

修理業者によって保証内容やその期間は様々です。どんなに技術力の高い雨漏り修理業者でも、再発する可能性をゼロにすることはできません。そのため、再発しても修理してくれる保証期間を設けている業者を選ぶと安心です。

修理実績が豊富

雨漏りの修理は豊富な経験と適切な知識が必要です。そのため、修理実績が豊富な業者に依頼することをおすすめします。HP等で実績を確認してみたり、口コミなどを確認してみたりしましょう。

相見積もりする

相見積もりとは、複数の業者に見積もりを出してもらい比べることです。最低でも3社以上の業者に相談してみることをおすすめします。そうすることで、極端に高かったり安かったりする怪しい業者を見抜くことができるからです。また、複数業者に相談することで、スタッフの対応の質を見極めることができます。

【まとめ】二次被害を防ぐためには早めの修理が大切

雨漏りは自然に直ることはありません。それどころか、放置していると被害が拡大してしまいます。今回ご紹介したような二次被害を防ぐためにも、早めに業者に依頼することが大切です。

 

けんおうリノベーションは、雨漏り特定率95%を誇る雨漏り修理のプロフェッショナルです。

 

雨漏りの原因を特定するまでは、費用を頂かない完全成果報酬で行っております。また、原因特定に時間がかかっても費用は一定です。さらに、雨漏り修理から最大1年の間に再発した場合は、無料で再修理させていただく保証を設けています。

 

これらは雨漏りの調査や修理に自信を持っているからこそできるのです。

 

24時間年中無休、お見積もりは無料で行っております。雨漏りにお悩みの方、二次被害が不安な方はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

コラム一覧へ

電話受付時間:9時~21時
(営業時間:10時~18時)

050-8885-5704

お問い合わせフォームからのご連絡は
24時間受付中です!

お問い合わせ